名古屋1.5次会口コミ比較ランキング

1.5次会の費用はいくら?

    

1.5次会の費用について書いてみようと思います。1.5次会とは披露宴のようなウェディングパーティーで結婚式後の2次会ののような手軽に準備できる内容ではない事を最初にご理解頂きながらお話し進めてまいります。


1.5次会の費用は結婚式費用のおよそ半分くらいだと思ってください。例えば60名の結婚式を挙げようとした場合の結婚式の費用平均は350万円程になります。ご祝儀総額が180万円程になりますので、ご披露宴での自己負担金額はおよそ170万円程になります。


1.5次会の費用は披露宴費用の半分くらい


1.5次会の費用は披露宴費用のおよそ半分程度です。60名の総額費用が350万円だったとすると175万円程です。高級レストランで2万円の会費でコース料理で1.5次会パーティーを実施した際の金額に近い金額になります。


高級レストランで2万円のコース料理でゲスト60名をおもてなしをした場合の合計費用は120万円。この費用に平均的な自己負担金額の40万円をプラスします。そうすると総合計金額は160万円となります。


60名での1.5次会総費用は160万円

自己負担金額は40万円




1.5次会と披露宴の違いは何?


1.5次会と普通の結婚式で価格が半分も違います。何故そんなに費用が違うのでしょうか?


全体のボリューム感が違う


披露宴と1.5次会の大きな違いにボリューム感の違いがあります。結婚式は費用が多くかかっている分様々な部分に多くの費用がかけられています。代表的なアイテムは装花でしょう。メインテーブル花・ゲストテーブル花・ブーケ・ブートニア・ウェディングケーキ回りなど花で会場を飾ります。披露宴にかけるお花の金額は1.5次会の数倍になります。


披露宴の花の価格は1.5次会の数倍


その他にも使用できる会場にも当然違いはあります。1.5次会の会場になる場所はレストランが多いですが結婚式は専門式場やゲストハウスになります。結婚式の為に作られた会場ですので雰囲気から全く違います。


使用できる会場の違いがある


とは言っても、クオリティーの違いは使用できる会場の違いくらいになります。各アイテムでのクオリティーは結婚式と1.5次会で大きな違いはありません。※但しプロデュース会社のスペックに比例します。


各アイテムのクオリティーの差は少ない


では、どうして金額に差があるのでしょうか?それは施設に支払う手数料の違いにあります。悪しき風習ですね。施設を維持するには仕方な事なのかもしれませんが式場の手数料は平均60%とも言われています。つまり販売価格10万円のアイテムは仕入れ値は4万円程となります。原価は幾らなのでしょうか?考えたくありませんね(汗)


式場の手数料が異常に高額


1.5次会プロデュース会社さんの多くがこの手数料の高さに目をつけて手数料を殆ど取らずに原価でお客様へ提供する仕組みを作っています。それが各1.5次会プロデュース会社さんで出しているウェディングプランになります。


1.5次会プロデュース会社のプランは提供する価格をリーズナブルにする為に原価提供されている事が多い


追い打ちをかけるようですが結婚式場はゼクシィなどの媒体び広告を出します。これもまた費用を上げる要素です。ゼクシィは1ページ出すのに1カ月80万円程になります。それを数ページ毎月だすだけでもとんでもない費用ですね。このような広告費も当然結婚式の費用に含まれている訳ですね。


結婚式場のかけている広告費も費用に含まれる




と、このように普通の結婚式と1.5次会の費用について書いてみました。価格の違いは施設維持をする為に必要な経費の値段ということでしょう。式場さんも大変ですね。考え方を変えると1.5次会でも普通の結婚式ができるという事ですね。しかも、普通の結婚式の半額程の値段です。


普通の結婚式が1.5次会よりも高い理由は施設維持にお金が掛かるから

1.5次会プロデュース会社で普通の結婚式を半額で行う事も出来る


挙式もできる1.5次会プロデュース会社も沢山あります。お金がたくさん掛かる披露宴よりも費用を抑えて別の事にお金を使える1.5次会プラン。どちらを利用しても最高のパーティーになりそうですね。