名古屋1.5次会口コミ比較ランキング

1.5次会で失敗したと思った事

    

最近とても人気のある1.5次会ですが大成功事例ばかりではなく、しまった!と思う事例も数多く報告されています。これだけは気を付けた方がよい事を5つ程ご紹介させて頂きます


① 儲けを出す1.5次会


1.5次会で儲けを出してしまう方がいらしゃるようです。これは流石によくありません。経費で必要な金額の倍の金額を1.5次会の会費で設定したり、カフェでの立食パーティーで2万円以上の会費を設定し引出物も出さずにプチギフトだけで済ませるなどです。こうすると余った金額が儲けになります。60名の1.5次会であれば一人あたり2000円余分に会費を設定すると12万円の儲けを出す事になります。1.5次会の内容に見合った会費設定をする事が重要です。


こんな記事をみつけましたので参考までに貼っておきます。

https://tokyo-calendar.jp/article/6314


② 会場のクオリティーが低い


1.5次会をする際に気を付けたいポイントその2は会場のクオリティーです。このポイントは失敗報告が多く寄せられていますので注意しましょう。


例えば、1.5次会を2次会のレベルで考えてしまってカフェで開催を選んだ場合です。カフェは価格が安く会費設定金額も安くで済みます。最近のカフェはおしゃれで雰囲気もとても良いです。その為、1.5次会のお申込み時にはなんの疑問も感じませんでした。


しかし打合せが始まり1.5次会の準備をスタートすると思っていた以上に費用が出ます。これでは自己負担金額が大きく予算オーバーになってしまいます。そこで1.5次会の自己負担金額をおさえる為に会費設定を上げる事にします。


当初会費設定は8000円を予定。しかし、全体予算から考えて会費設定を12000円程に引き上げました。それでも、何かと費用は出ます。


とりあえず時間も迫ってきたので1.5次会の会費は12000円としてゲストに招待状をLINEやアプリで送信します。


これでホッと一息。ところが1.5次会の準備を進めていると新たな不安がよぎります。「12000円も会費をもらってこのカフェで大丈夫か?」


最近は様々なおしゃれなカフェがあります。しかしながらある程度しっかりしているカフェで1.5次会を開催しないと飲み会のような雰囲気になってしまいます。12000円の飲み会はゲストも高いと感じてしまいますね。


③ 友人に幹事を依頼


1.5次会失敗事例でよくあるパターンです。2次会と同様に考えて軽いノリで友人に幹事を依頼してしまうパターンですね。

1.5次会の準備は披露宴とほぼ同様な準備の量があります。2次会のようなノリで幹事を依頼したり受けてしまうと大変な事態に陥ってしまうリスクがあります。


よくある失敗は準備が間に合わなくなる事です


お願いした新郎・新婦も依頼された友人も2次会のノリです。飲み会の延長くらいにしか考えて居なかったので会場を準備して衣装を着ればお終いと思っていました・・・。しかし、日程がだんだん近づいて来たら不安要素が沢山出てきました。


招待状はLINEだけで終わりにしたけどみんなちゃんと来てくれるかな?

もし来なかったらお店の料金払えるのかな?

料理の味は大丈夫だろうか?

サービスは大丈夫だろうか?

会費の設定に見合った会場なのだろうか?

遠方から来てくれる友達には楽しんでもらえるのだろうか?


更に1.5次会の幹事をお願いしていた友人が仕事が忙しく1.5次会の準備ができないと連絡がくる。諸々の準備を自分達だけでやる事になり、予定していたクオリティーよりも数段低いレベルで1.5次会を整える事になる。

1.5次会の心配事を相談できる相手も居ない状況で不安だけが頭を駆け巡る状況になります。こんな状態で1.5次会の当日を迎える事は避けたいですね。


④ ご祝儀を貰ってしまった


1.5次会を会費制で行ったのに友人からご祝儀をもらってしまった。こんな話を1.5次会を行った新郎・新婦から聞く事もあります。しっかりとご祝儀不要の旨を招待状に記載する必要があります。しっかりとした1.5次会を企画しているならまだご祝儀を貰っても後日、内祝いなどでお礼をする事でもカバーできますが、飲み会のような1.5次会ではご祝儀を貰ってしまうと恐縮してしまいますよね。

招待状にご祝儀不要の旨をしっかりと記載が必要


⑤ 両親や上司に声をかけなかった。


意外と多い1.5次会の失敗例になります。

「友達とのカジュアルな集まりだから良いでしょう。」


と、軽く考えてしまい両親や会社の上司などには声をかけずに友人だけで1.5次会を楽しんでしまいました。


後日、両親から私達も呼んでほしかった・・・

とボソッと言われてしまう。


1.5次会に会社の上司が来ると堅苦しなるからと思って同僚だけに声をかけて上司には声をかけなかった。

後日、結婚パーティー楽しかった?

と、上司に聞かれ気まずい雰囲気になってしまった。

同僚が世間話しで上司に話してしまう事もあります。


両親も会社の上司もこれからもお世話になる大切な方々です。カジュアルな1.5次会でも結婚報告の場である以上はお声掛けだけはしっかりとしておく方が良いでしょう。お声掛けして来れない場合は仕方ないという事になります。その場合は1.5次会を友人達だけでゆっくりとお楽しみ頂ければよいと思います。


このように、1.5次会などの結婚イベントは人生で何度も経験するものではありません。わからない事も多くあります。また、予想もつかない事態に陥る事もあります。1.5次会を行う際には手慣れたプロに依頼する事が最善だと考えます。


確かに多少価格は上がりますが安心感が高まり不安要素がなく当日を迎える事ができます。1.5次会のプロデュース会社によっては1.5次会でのオリジナルウェディングなどにも対応している会社もありリーズナブルでクオリティーの高い1.5次会を実施できる会社もあります。

1.5次会を失敗させない為にもプロに依頼する事が最善だと思います。


トップページを参考にしてみて下さい

http://wedding-party.link/